東京タクシー最新データ

弊社は、東京を中心として、求職者に最適な職場をご紹介しております
東京のタクシー業界の収入は?東京ならではの特色は?などご紹介してまいります

ずばりタクドラの収入はどれくらいなの?

タクドラの平均収入は、年470万円
(これはあくまでも業界平均です)
弊社の売上アップノウハウを実践されている方々は、年収600万円を軽く超えています

全国各地にタクシーは欠かせない交通インフラとして活躍していますが
収入的に最も稼げるのが東京中心部であり、タクドラが働きやすいインフラも整っています

東京のタクシーの最新データ

              (社)東京ハイヤー・タクシー協会の資料より

               2020年3月31日現在

東京23区・武三地区交通圏のデータ

平均営業収入     46,621円(消費税抜き)

乗車回数       27.2回

走行キロ数      242.7km

実車率        46.7%

乗客平均単価     1,885円

タクシー台数     39,274台(法人・個人合計)

タクシー乗務員数   64,554人

(内女性数)      1,599人

平均年齢        57.9歳

都内の平均年収     470万円

全国の平均年収     348万円

*あなたの実績と比較してみてください!

 

東京には何台ぐらいのタクシーが走っているの?

東京といっても5つの営業区域に分かれています

特別区・武三交通圏(最も中心となる大都市エリア。約3万9千台のタクシーが走っています)
北多摩交通圏(立川市などを中心としたエリア。約1700台)
西多摩交通圏(山梨県寄りのエリア。約200台)
南多摩交通圏(八王子市などを中心としたエリア。約1200台)
島地区(約60台)

出典参考:一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会 2019 データ

タイトルとURLをコピーしました